大滝ファームのブログ

2017年1月6日

初詣

明けましておめでとうございます。今年は妻の厄払いで隣町胎内市の乙法寺へ行ってきました。家では厄払いはいつも乙法寺でお願いしております。このお寺は聖武天皇の勅願によって天平8年(736年)開山という歴史のあるお寺です。今ある本堂は近年再建されたものですが、三重の塔は1619年建立の国の重要文化財です。境内の建物は焼失と再建を繰り返していますが傍に立っている杉の巨木は長い歴史を物語っています。『新潟は杉と男が育たない』という言葉があります、男はともかく、新潟の砂丘地で杉の木は育ちにくいことを言うのですが、海岸に近い砂丘地でこれほどの杉の巨木は珍しいのではないでしょうか? それはともかく、寺の僧侶が叩く大太鼓の迫力ある音と祈祷でさっぱりと厄を払い落として帰って来ました。これをご覧の皆様も気持ちを新たにいい一年をお過ごしくださいますように。

P1020806  P1020807  P1020808

P1020809  P1020810  P1020811

P1020812