大滝ファームのブログ

2017年2月21日

九州旅行(知覧特攻平和会館)

ここにはずっと前からいつか来たいと思っていました。私達はもっともっと若くして死んだ特攻隊員たちのことを思うべきです。二十歳前後(最年少17歳)の優秀な若者たちが特攻に出撃するという前夜に書いた手紙が沢山展示されています、館内は撮影禁止なのでの写真はありませんが、どれも胸が締め付けられるものばかりです。半ば強制的に戦死させられた彼らの無念の上に戦後日本の平和が築かれたことを思えば深く頭を垂れる思いです。彼らが命を懸けて日本を守ろうとしたように、私たちは今の平和を命を懸けて守ることが責務であり、彼らに対する誠意だと思います。2015年9月に安保法案が可決されましたが、その反対運動に特攻隊員と同じ年代の高校生が多く参加していました、あれこそ戦死者に対する誠意です。国民の大多数が反対した法案は成立しましたが、結果としてそういう政権を選んだのも国民です。ですが多くの若い世代が反戦の意思表示をしたことは今後の大きな希望です。

 

IMG_7535  IMG_7537

IMG_7538  IMG_7536

IMG_7540  IMG_7542

IMG_7541  IMG_7539

IMG_7543  IMG_7555