大滝ファームのブログ

2020年6月16日

じいじ木に登る

松の剪定です。松の新芽は取らないとどんどん枝が伸びて形が悪くなるとの事、ネットで見ながら素人庭師です。松の手入れは大変です、葉先は鋭いし、ヤニは出るし、新芽は多いしと言う事でご覧のようなスタイルです。かぶっているのはこちらで『おかぶり』という女性が顔を覆う被り物です。色が黒ければイスラム圏の女性の被り物に似ていますが、これが男の私が使ってもなかなかいいものです。日焼け防止と顔に当たる松の葉先から守ってくれます。悪戦苦闘の末、伸び放題の新芽をなんとか取り除きました。田んぼ仕事やユリの出荷の合間に庭師をしたり、桃やりんごの摘果をしたりと忙しい毎日です。先日天日干しのもち麦を唐箕で選別していたら農業新聞の記者が訪ねてきて、まだあくせく働いていますと言ったら、『悠々自適ですね』と言われてしまいました。彼らにしたら悠々自適にみえるのでしょうか?庭の手入れだけなら悠々自適と言えるかもしれませんが・・・・でもまあ、人に使われている訳ではないのでその点では『自適』です。  それに『ジジイ』でなく『じいじ』ですから。

 

P6150370  P6150372

P6150374  P6160380

DSC_0054  HORIZON_0002_BURST20200615160920550  DSC_0055