大滝ファームのブログ

2020年6月27日

『ビッグ・リトル・ファーム』

農民作家の山下惣一さんが提唱する『大日本・小農学会』みたいなタイトルの映画を見てきました。大変いい映画でした。多くの人が見るべき映画だと思いますが、映画館に居たのは私ら夫婦ともう一人だけでした。新潟のシネウィンドで上映してたのを見逃したので諦めていたのですがたまたま調べてみたら新潟のイオン西でもやっていました、次の日即見に行った次第です。アメリカのカリフォルニア州で賛同者から出資を募り、広大なつぶれた農場を買い取り、多種多様な果樹を作り色々な家畜を飼いながら有機農業を始めた夫婦の悪戦苦闘の物語です。ため池を作りナマズを放流する場面では思わず膝を打ちました。夫婦が指導を仰いだ有機農法の先達が目指したのは動植物を含めた生物の多様性です。まわりの単作農業地帯が大雨で表土が流出したときにこの農場が大丈夫だったのは動植物の多様性があったからこそでした。日本の農業とは単純に比較できませんが、多くのヒントを与えてくれました。日本の農業関係者や消費者が見るべき映画だと思います。