マガモたちの手助けで育つ有機栽培米

  • 農薬・化学肥料不使用
  • 認証機関「赤とんぼ」認定有機栽培米
  • 米・食味分析鑑定コンクール170点以上

当農場の有機栽培米と減農薬米は冬季湛水(冬の間田んぼに水を張ること)して、土の中のイトミミズや微生物の活動を活発にし、稲わらなどの分解を早めて、健全な土を作るところから始めています。

まがも米は田植え後すぐまがものヒナを田んぼに放し、泳ぎ回ってもらうことで生えてきた雑草を浮かせたり、水を濁して雑草を生え難くすることで、有機栽培の一番の難問である除草を克服したお米です。これは化学肥料や農薬も一切使用しないという基準をクリアーして認証機関『赤とんぼ』の認定を受けたJAS有機栽培米です。

まがも米は収量は少ないですが、毎年出品している『米・食味分析鑑定コンクール』において170点以上という好成績を継続して獲得しております。

この田んぼの回りの畔や農道の雑草を枯らす除草剤を使用しないで、環境と景観に配慮しております。そのかいあって田植えのころには畦畔に小さい花園が出現して目を楽しませてくれます。又カモの田んぼの上にはよそでは見られないほどたくさんの燕が乱舞して餌をとる様子が見られます。それほどこの田んぼから生き物が生まれ育っているということです。

これからも環境に配慮しつつ、美味しい米を作っていきます。